「安かろう悪かろうが通販型」は根拠のないデマ

教えてgooゃyahoo質問箱などネットの掲示板を見てみると、自動車保険のジャンルの回答の中に、「安かろう悪かろうが通販型」「事故のことを考えるなら通販型はやめたほうがいい」「絶対事故を起こさない人が入るのが通販型」「素人が通販型に加入すると落とし穴に嵌る」等々、通販型の自動車保険に対する非難めいたコメントが多いことに気付くと思います。

逆に代理店型の自動車保険については、「事故の時は身近に代理店のいる代理店型が安心」「事故時に現場へ駆けつける代理店型が安心」「通販型より事故対応のプロがいる代理店を通した方がいい」などと一方的に持ち上げるコメントも多いのです。

察しの良い方はもうお分かりかと思いますが、実はこれらのコメントのほとんどが代理店の方々の投稿によるものなのです。

代理店といってもディーラー代理店の方の投稿はあまり無く、ほとんどが「プロ代理店」と呼ばれる専業の代理店の方のコメントのようです。

時にはあまりにも偏った一方的な内容を見かねたのか、カテゴリーマスターが登場して訂正のようなことをしている場合さえあります。

まさに代理店関係者の我田引水といった感じなのですが、ところでこれらのコメントは果たして何を根拠にして行われているのでしょか。

自動車保険のことを調べれば調べるほど、これらの非難は確たる根拠のないものであり、むしろ通販型はこれらのコメントとは逆の評価を受けていることがわかります。

例えば、第三者の立場から例年自動車保険の顧客満足度を調査して発表しているオリコンのランキングをみてみましょう。

最新の2015年版のランキングでは、1位から7位まで通販型が独占しています。

1年前の2014年はなんと1位から9位までが通販型で、ベストテン入りしている代理店型はたった1社だけです。

9社と言えば、通販型損保の全社が漏れなくベストテンに入ったということになります」。

もし代理店の方々が言う「安かろう悪かろう」などが本当なら、このような結果になるはずがありません。

オリコンの調査は対象者も2万人以上と多く、しかも事故などで実際に保険を使ったことのある人への調査ですから、もし通販型の事故対応などが代理店の方々が言うように劣悪だとしたら、顧客満足度で上位を独占することなどある訳がありません。

冒頭のようなコメントをしている代理店の方々にこのオリコンのランキングを見せたらなんと説明するのでしょうか。

ほかにも主だったランキング(2015版)を見てみましょう。

価格.comの自動車保険満足度ランキング

1位 SBI損保、2位 セゾン、3位三井ダイレクト、4位 イーデザイン損保、5位 チューリッヒ、6位 アクサダイレクト、7位 ソニー損保

1位から7位まですべて通販型です。

保険スクエアbang! の事故対応満足度ランキング

1位 セゾン、2位 アメリカンホーム、3位 三井ダイレクト、4位 三井住友海上、5位 イーデザイン損保、6位 SBI損保、7位 アクサダイレクト、8位 ソニー損保、9位 JA共済、10位 東京海上日動

通販型は上位3社のほか4社がランクイン、代理店型は4位と10位の2社だけです。

楽天の自動車保険総合満足度ランキング

1位 おとなの自動車保険、2位 SBI損保、3位 三井ダイレクト、4位 アクサダイレクト、5位 イーデザイン損保、6位 アメリカンホームダイレクト

上位6社はすべて通販型です。


いかがでしょうか。どのランキングでも通販型自動車保険の方が圧倒的しています。

保険料を支払って加入し事故で保険会社の事故対応も経験したという人達の満足度は、通販型の方が圧倒的に高いということは誰が見ても明らかです。

こうして並べてみると、上記の通販型への非難に一つ一つ反論をする必要もないのではないかと思ってしまいます。

上で挙げたような通販型へのいわれのない非難・中傷は全く根拠のないデマのようなものだと考えていいでしょう。

ページの先頭へ