あるとないとでは安心感が大きく違う弁護士費用特約

弁護士費用特約というのは読んで字のごとく弁護士に依頼する時の費用を補償する特約です。

補償する金額は300万円とする保険会社が多いようです。

この特約、どのような時に備える特約かというと、ズバリ自分の過失がゼロの「もらい事故」の時のためと言っていいでしょう。

交通事故で自分の側に過失がたとえ10%でもあれば、保険金確定のため保険会社が示談交渉などを代行してくれるのですが、過失がゼロだと保険会社は全く事故処理にタッチできなくなります。

そうなると、示談交渉などは素人の自分と相手方の保険会社との交渉となり、非常にしんどいこととなります。

このような場合に、弁護士費用を補償することによって自分の代理人として弁護士を立てたり訴訟への対応をしやすくするのが弁護士費用特約です。

つまり、交通事故の被害者が、加害者やその保険会社に対する損害賠償請求(示談交渉・訴訟等)を弁護士に依頼した場合に、必要となる弁護士費用を加入している保険会社が負担するという特約です。

保険会社によってばらつきはありますが保険料は大体年間1,500円程度で、上限300万円までの弁護士費用が補償されるのですから、大変優れた特約といっていいでしょう。

交通事故の場合の弁護士費用の相場というか、費用の幅はトータルで数十万から100万円オーバー程度になると言いますから、上限300万円であれば必要な金額を十分にカバーできるでしょう。

また交通事故の場合はまたもらい事故だけでなく、事件ごとに交渉期間や賠償金額が変わってきてまさにケース・バイ・ケースになることが多いと言いますが、300万円という上限額はそのような様々なケースからはじき出された上限額といえるようです。

具体的な例を挙げれば、例えば信号待ちなどの時に後ろから追突された場合です。

相手方が100%悪い自動車事故(もらい事故)なのですが、相手方に損害賠償請求を行った際に、

・相手方が保険に加入しておらず、交渉が進まない

・相手方が損害賠償請求に応じない

・相手方の提示した賠償額に納得がいかない

など、自分だけでは解決が困難な事態になることもあり得ます。

このようなときにこの特約を使えば、弁護士に交渉を依頼することもできますし、相手方が損害賠償請求に応じない場合でも、法律の専門家である弁護士に相手方との交渉をまかせることができます。

自動車保険には様々な特約がありますが、はっきり言ってこの弁護士費用特約以外は無くても根本的に困ることはありません。

予算にゆとりがあって何かいい特約を付けて安心感をましたいと思うような場合は、迷わずにこの弁護士費用特約にしてください。

もらい事故で専門家に交渉をしてもらえるかどうかというのは、安心感を大きく左右する要素だと思います。

場合によっては車両保険を削ってでもつけた方がいい特約だと思います。

ページの先頭へ