ローンが残っている軽自動車なら車両保険を付けたい

車両保険はその名とおり、交通事故などで車が壊れた場合にその損害を補償する保険です。

全国的に車両保険を使う人が多いせいでしょうか、保険料は自動車保険のメニューの中でも割高なものとなっています。

この車両保険をつけるべきかどうかは、加入者それぞれの事情や考え方によって違ってくるのだと思います。

新車のうちはつけたほうが良い、現金購入だから新車でも車両保険は要らない、ローンが残っているから車両保険は不可欠、等級ダウンを避けるために多少のことでは保険を使わないから車両保険は不要、等々、本当に人によって様々な考え方があると思います。

早い話、事故で大破しても余裕で自前の修理等ができるような人の場合は車両保険など全く不要でしょうし、仕事に車を使っていて1日でも車が使えないと困るなどという場合は車両保険が欠かせないでしょう。

要は、自分の資力と車の使い方から考えて本当に必要なのかを良く考えて決めるのが車両保険だといえるでしょう。

まあ一般論として、新車購入直後のまだ車の評価額が高いうちは車両保険をつけた方がいいとか、ローンで購入した場合は修理と返済が重なってしまうので車輌保険をつけるべきだとか、そんな程度でしょうか。

ともかく車両保険の場合は、保険料が割高なこともあり、一律にこうした方がいいということは言いにくいことは確かです。

■エコノミータイプの車両保険に免責10万円をつける

軽自動車で車両保険を付ける場合に注意した移転が二つあります。

一つは、車両保険のタイプを一般タイプでなくエコノミータイプにすることです。

一般タイプはフルカバーの万能型の補償になりますがともかく保険料が高いのです。

エコノミータイプは一般タイプから「自損事故」、「当て逃げ」を除いたタイプで、それだけで大幅に保険料が安くなり、維持費を安くあげたい軽自動車にはピッタリです。

エコノミータイプであっても盗難や自然災害などまで補償対象になるのですから、軽自動車としては十分なのではないでしょうか。

そしてもう一つの注意点は、10万円程度の修理は自前で行うと方針を決め「免責金額:10万円」を設定した方が良いということです。

どんな小さい修理でも保険を使ってしまえば等級ダウンのペナルティーを受けて翌期からの保険料が大幅に上がり、保険金を受け取ったがためにかえって全体としては損をしてしまうのが今の自動車保険です。

3等級ダウン事故になれば、10万円以上の修理でも自前でやった方が得だという専門家の方もいるくらいです。

どうせ10万円程度までの修理ではほけんをつかえないのなら、最初から免責金額を10万円にして保険料を安くしたほうが賢いやり方です。

軽自動車に車輌保険をつけるのなら、この2点をどうぞ忘れないようにしてください。

ページの先頭へ