対物事故の相手は車だけとは限らない

今ではほとんどの保険会社が対人賠償だけでなく対物賠償の限度額も「無制限」をスタンダードなプランとして勧めるようになりました。

でも「高級車との事故でも○千万円もあれば十分ではないか」などといった考え方で、対物の限度額を1千万円とか2千万円とかにしている例はまだ結構多いのではないでしょうか。

また車体重量が軽い軽自動車の任意保険だから普通車のように無制限にしなくてもいいだろうと考える方も居られるかもしれません。

脅かすように聞こえるかもしれませんが、実は、このような対物賠償を無制限にしていない任意保険は大きいリスクを残したままになっているといわざるを得ません。

対物事故といえば車との事故をイメージすることが多いかもしれませんが、事故の相手方は来るだけとは限らないのです。

実際の裁判による判決例を見ても、

・トラックの炎上による積荷(毛皮など)の焼失などで2億6,135万円の損害額となった

・車が店舗に突っ込んで壊し、休業補償も含めて1億円を超える損害額となった

・踏切での事故で電車が脱線し電車や電車がぶつかった家屋などの損害が1億円を超えた

など、とても1千万円や2千万円ではカバーできないような事故の例が現実に起きています。

例えば車輌価格が5千万円を越えるような高級バスが、あなたの車をよけようとして転落し全損に近いような状態になったらどうなるでしょうか。

とても1千万円では賄えない損害になると思います。

2千万円だとしてもどうにもならないような賠償責任が出てくる可能性も高いでしょう。

このような点を考えれば、対物賠償もやはり「無制限」にしておくのが安心というものですね。

■無制限にしても保険料はそれほど高くはならない

もう一つ対物賠償を無制限にした方がいい理由があります。

こそれは、対物の限度額を1千万円から無制限に変更しても保険料はそれほど高くならないということです。

どの保険会社の場合でも、その差額は年額で1,000円にもならないと思います。

安い保険会社だとたった500円程度の保険料追加で保険金の限度額を無制限にすることができます。

つまり、対物賠償の場合は「限度額:1千万円」よりも「限度額:無制限」の方が遥かにコストパフォーマンスが高くなるといえます。

逆な言い方をすれば、対物賠償の限度額を無制限から1千万円に見直しても大した保険料の節約にはならず、リスクが増えるばかりということになるでしょう。

対物賠償の保険金限度額は、素直に保険会社が勧める「無制限」にしておいた方がいいでしょう。

ページの先頭へ